資産の運用法まとめ


2014年12月10日

少子高齢化が止まらない以上

Category: 保険 – 作成者: admin – 12:00 AM

個人年金の形成というのは、今後より一層重要性を高めていくことが考えられます。その理由として大きいのが、日本が少子高齢化社会になっていることです。といっても、なかなかすぐにはこの二つが繋がらないかもしれません。しかし、実はこの二つは密接な関係があります。

というのも、少子高齢化状況というのは公的年金に対して大きなダメージを与えることになるためです。基本的に、公的年金というのはいずれの区分にしても、下の世代が上の世代を支える、扶助型の設計が為されています。そのため、人口が少なくとも横ばいでなければ、正しく機能しないことになるのです。現状、日本の人口比率は逆ピラミッド型に近づいてきており、今後その傾向は加速することが考えられています。

そうなれば、下の世代の負担は大きくなり、上の世代の受給は少なくなります。今後、年金だけで生活をする、というのはより一層難しいことになるわけです。そうなった時頼る事が出来るのは、自分で用意したお金ということになるでしょう。そのためのお金を形成するのが個人年金ということになるわけです。

個人年金保険の利用や、他の資産運用などを利用して年金を形成していかなければなりません。

2014年12月1日

投資信託の種類と仕組み

Category: 投資情報 – 作成者: admin – 12:00 AM

資産形成の方法には様々なものがあります。ただ、一般的に資産形成というと投資を行うことだと考えられているでしょう。実際のところ、投資信託などを利用して資産形成を考えている人が多いのではないかと思います。そこでここでは、その投資信託について具体的なことを紹介していきたいと思います。

投資信託には投資先によっていくつかの分類を行うことが出来ます。まず一つに公社債投資を行うタイプが挙げられます。このタイプはあくまで投資先を公社債としており、株式に対する投資を行わないというものです。国債や金融債などを扱うことから安全性が高いのが特徴です。その代わり利率はそこまで高くないことが多いので、じっくり資産を増やしていきたい人に適した投資信託です。

逆に、株式も投資先として含める投資信託のことを株式投資信託と言います。安全性という面では公社債に劣るものの、利率では勝ることが多く、現状ほとんどの投資信託はこちらのタイプに分類することができるでしょう。日本国内の投資信託としては、ミリオンやさわかみ投信などがこれに分類できます。

この他にも、運用益の扱いによる分類として、ヘッジファンドやブルベアファンドなどがあります。

おすすめの書籍をご紹介します。
「富裕層はなぜ、YUCASEE(ゆかし)に入るのか」
新世代の富裕層「インテリッチ」の実態を明らかにした話題の書籍です。

2014年11月14日

海外投資が注目された理由の一つは日本の不況の影響

Category: 投資情報 – 作成者: admin – 12:00 AM

海外投資が人気となったのは、多くの方々が老後の生活に不安を感じるようになったから、と言われています。長いこと日本は不景気と言われるようになりました。その現状を踏まえて将来の人生設計を描いたとしても、今後は一般人が老後の蓄えをしていくのは困難と言われています。

高度経済成長期のとき、一般のサラリーマンは一生懸命働いていれば、給料は年々上がっていき、右肩上がりでした。消費も多いものの、それ以上に給料が上がるスピードの方が速い時代でした。それに加え、終身雇用時代でもあり、一流企業に勤めていれば将来は安泰とさえ言われていました。
さらに預貯金に対する利息も高いので、郵便貯金は最高で8%までありました。

それからというものの、収入の増加は見込みづらくなり、出費も増え、利息も0.05%というところまで下がりました。すると日本ではお金を預けるだけで資産運用としてはあまり得策ではなくなりました。

1998年の外為法の改正で海外投資が解禁されました。それによって日本国民の一部の方が海外の金融機関の利息に注目すると日本との差に驚き、海外で口座を開設し、運用するようになりました。海外は利息が高いので日本円を米ドルなどに替えて運用するようになったのです。

2014年10月24日

需要が高いマンションを選択すること

Category: 投資情報 – 作成者: admin – 12:00 AM

マンション経営によって利益を上げたいのであれば、何より注意しなければならないのが物件の選択です。良い物件を選択すればそれだけで高い利益を望む事が出来ますが、良くない物件を選択してしまえばそれだけで損失の可能性が高まってしまいます。それでは、マンション経営において良い物件というのはどんな物件のことをいうのでしょうか?

いわゆる居住用マンションを選ぶ場合と違っているのは、基準を自分ではなく入居者に合わせる必要があることにあります。人それぞれ様々な考えかたや生活スタイルというものが存在していますが、それぞれの考えかたごとの人口の違いというのは存在しています。自分がマジョリティに属しているのであれば自分が便利だと考える不動産を選択すれば良いですが、そうでない場合については、自分基準で選ぶと入居者が少ない投資になってしまうことが考えられます。

マンション経営による利益はいかに高い家賃でも、いかに多くの人が入居してくれるのか、ということにかかっています。そのため、あまり需要が高くない物件を購入してしまうと、家賃を下げなければ人が入ってくれないために、どうしても利益を出すのが難しくなってしまうということです。

2014年10月4日

長期投資の方法もいろいろとあります

Category: ビジネス関連 – 作成者: admin – 12:00 AM

長期投資と言ってもいろいろな方法があるのは言うまでもありません。例えばですが、一つの銘柄を購入して後は何もしない。推移を見守ると言えば良いでしょうか。株主であれば配当・優待等を得る事が出来ますので、株価の上下動よりもむしろそちらをメインでと考えている人も多いようです。確かに、株価は上下動しますが、配当や優待は大きな違いは出ません。配当に関しては営業と関連しますが、優待に関しては、初期の条件を満たしていれば必ず受け取る事が出来ますので、むしろそちらを目的にした方が賢い方法なのかもしれません。もちろん長期投資はそれだけではありません。毎月コツコツと積立てるかのように行う積立投資もあります。

この手法であれば、株価が上下動しても双方共にメリットを見出す事が出来ます。株価が高まっているのであれば当然利益になりますし、低下していても、いずれ上がった時により大きな利益を得る事が出来るようになりますので、気持ちの面でも楽になります。

投資は、精神的に参ってしまうという人も多いのですが、長期投資であれば精神面に於いても安定したままで行う事が出来ますので、その点もまた、長期投資に於ける大きなメリットと言えるでしょう。

アベノミクスの専門知識が得られる人気ブログ